Atelier Shiro Petit Journal

<   2011年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧




宝の山

f0225998_18423481.jpg

f0225998_1843858.jpg

育苗中のカモミールとブルーマロウ…
この他にもいっぱいハーブを仕込んでいる
今期はなんとしても無農薬ハーブティーをものにしたい
f0225998_18434331.jpg

チューリップ Spring Green
薄緑と白のコントラストが宝物のようだ
よく見ると 背景にタモの丸太がご〜ろごろ
これも美しい宝の山だね
[PR]



by atelier_shiro | 2011-05-30 18:53 | 土に暮らす〜食

ペトリューシュカはペトちゃんでよいのか?

ちょっと資料を… とピアノ演奏の動画を検索していたら
ストラビンスキーのペトリューシュカにはまってしまった
f0225998_2249041.jpg

それにしてもすごい指だ…
[PR]



by atelier_shiro | 2011-05-28 22:54 | 描き奏でる

愛すべき新芽たち

ツルアジサイ
f0225998_18431653.jpg

クレマチス・ピンクパーフェクション
f0225998_18435520.jpg

山葡萄
f0225998_18442292.jpg


f0225998_18444741.jpg

ノイバラ
f0225998_18452591.jpg

ツルウメモドキ
f0225998_1847231.jpg

ハニーサックル
f0225998_18474172.jpg

みんな元気です
[PR]



by atelier_shiro | 2011-05-26 18:49 | 土に暮らす〜食

遅仕事は七文くらいの徳

日没まで庭仕事をしていたら
いい夕日を見ることができた
f0225998_19292778.jpg

明日も晴れかな
早起きが三文なら遅仕事は七文くらい
ところで
ジャイアント馬場の足は十六文なかったらしいです…
[PR]



by atelier_shiro | 2011-05-25 19:32 | 土に暮らす〜食

トマト場2011

移り住んで一度も成功していない路地のトマト
今年は
雨よけに「よしず」
風よけに丸太
失敗に備えてリンゴ箱プランターにも植えようか
さぁ どうだどうだ!?
今度は失敗しないぞぉ〜!
f0225998_18503447.jpg

トマトの品種一覧

イタリアンレッド(調理用中玉トマト) x3
ピッコラカナリヤ(黄色ミニトマト) x1
ベネチアンサンセット(赤系ミニトマト) x1

薬念用に…
激辛韓国唐辛子 x1
鷹の爪 x1
[PR]



by atelier_shiro | 2011-05-24 18:58 | 土に暮らす〜食

カレー南蛮は蕎麦殺しか

曇り 気温9℃ 今日も寒い
レストランの庭に植える木を探しに恵庭の園芸店へ
冷たい風に震えながらニセアカシアとハーブの苗木を購入
移植にはこのくらいの天候が良いのだが
でも やっぱり寒い!
14時頃 蕎麦屋で遅い昼ご飯
嫁はんはあったかいおろし蕎麦 僕はカレー南蛮
f0225998_1913630.jpg

何となく入ったお店だったが 手打ちの蕎麦 香りがよく美味しかった
2人とも暫し無言で箸を運ぶ
食べながら カレーの匂いは蕎麦の風味を台無しにしているのか その逆なのか
少し気になった でも
しゃきっと水気の切られたせいろを 良く冷えたそばつゆと山葵でしゅっとすする
早くそんな食べ方の似合う季節にならないものかと思いながらもそもそ食べる
もったりとしたカレー南蛮が妙に美味いのだった
[PR]



by atelier_shiro | 2011-05-23 19:26 | 土に暮らす?食

明日を心配せず眠れ

ぼんっ となにかぶつかったので見に行くと
ノゴマの雄が窓の下で死んでいた
きっと空が映りこんでいたのだろう
f0225998_18383282.jpg

明日を心配せず眠れ
そして 土に還ろう
獣に掘り起こされないように埋めた
[PR]



by atelier_shiro | 2011-05-21 18:47 | 土に暮らす〜家

脱刈払い機と計画的草刈り

ぼくの家の庭は約600坪
中規模の庭を目の前にすると
ついつい機械の力に頼りたくなってしまうのだが…

これからの庭作業はこれだ!
f0225998_9454823.jpg

鳥の声が聞こえるよ
気がつかなかった小さな植物を発見するよ
一日をどんな風に暮らすのか
考えるようになるよ
[PR]



by atelier_shiro | 2011-05-20 09:54 | 大切なこと

いっぺんにくるので忙しいのです

やっと5月らしい気温

今朝 芋畑に新芽を発見!
植えてから3週間弱
低温にやられたかと思っていたので よかったよかった
ミズナラの苗床にも芽が出始めた
とりあえず成功!
実生でミズナラを育てるのは初めて
ここからが勝負
冷床のデルフィニウムもかなり遅れて発芽
クレマチス・ツルアジサイ・ハニーサックル・山ブドウなど
つる植物も葉を開き始めた
例の藤はまだ固いつぼみ
1本だけある庭の桜が今頃満開
f0225998_1854574.jpg

毎年の事だけど
北海道は春と夏がいっぺんにくるから
庭がとっても忙しいんです…
[PR]



by atelier_shiro | 2011-05-18 19:03 | 土に暮らす〜食

刃物はやっぱり日本製

高知県は香美市
その辺りは江戸の頃から良質の刃物を打つ鍛冶が集まっていたことで有名だが
ぼくも土佐の刃物を使ってみたくて 通称「ヨキ」と呼ばれる手斧1本と金矢(鉄製の楔)2本を注文した
何をするのか というと
手道具だけで丸太を製材するのである

ミズナラ丸太60センチ弱3玉
タモ丸太50センチクラス多数

昨年近隣の農家さんからいただいた木だが
薪にしてしまうだけではもったいない
でも製材機もないし 放置しておけばカミキリムシの餌食となるし
どうしよう… と思っていたら
嫁さんがいい本を持ってきてくれた

「山で暮らす愉しみと基本の技術」 絵・文 大内正伸
この中には 僕が知りたかったことがいっぱい描かれていた
でかした嫁さん!
その中のひとつ 動力を使わない製材法

これだ!これならできる!!
というわけで 持ってない道具を揃えることにしたのです

暮らしの手道具を外国製品にたよる人も多いが
ぼくは「刃物に関しては日本製が一番」と思っている
上の土佐打刃物もそのひとつだし
武生、安来、燕三条など 日本には優れた刃物産地がある
素晴らしい伝統的鍛冶技術をなくさないためにも
ぼくは国産の良い刃物を研ぎながら大切に長く使いたい
少し前だけど 楽器修理技術者研修でヨーロッパに行った時
あるドイツのヴァイオリン職人さんが
「実はノミだけは日本製を使っていま〜す」と言っていた。
道具にこだわるドイツのマイスターだって認める日本の刃物の良さ!
是非わかってほしいなぁ…
f0225998_11213951.jpg

追伸
暮らし方について ぼくが影響をうけた本一覧

「森暮らしの家」 田淵良雄
「森の生活」 ヘンリー・D・ソロー
「パーマカルチャー / 農的暮らしの永久デザイン」 ビル・モリソン
「Natural Gardening Techniques」 Peter Harper
「ターシャの庭」 Tasha Tudor
[PR]



by atelier_shiro | 2011-05-17 11:34 | 土に暮らす〜創作

Atelier Shiro のぽち日記
by atelier_shiro
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

影絵人形劇その2
at 2013-09-17 07:14
本当の財産は、なんてことない..
at 2013-08-29 16:14
影絵人形劇
at 2013-08-15 09:02
影絵劇ワヤン
at 2013-08-08 18:57
丸太のベンチ
at 2013-08-06 19:04

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧