Atelier Shiro Petit Journal

雪国暮らしの道具2〜修理する喜び

ちょっと前にネットショップから買ったスノーシューを壊してしまった。
ショップに部品の有無を問い合わせているが、答えはまだ来ない。
そのうち冬も終わっちゃうしなぁ…。
というわけで、自分で部品を作って修理することにした。

壊れたのは
TUBBS Flex ALP Men's "24(タブスフレックスALP 男性用24インチ)
f0225998_1845397.jpg

雪原を歩いている途中で、写真の箇所の部品が落ちて無くなってしまった。

なぜ落ちたのか、いまひとつ原因がわからないのだが、
雪は固めだったし、思いがけない負荷がかかったのかもしれない。
しかし、トラブルが自宅付近のなんて事無い雪原だったから良かったけど、
本格的な山の中だったら…と思うと簡単に壊れてほしくない箇所ではある。

ここはフレームと可動式のクランポンを留めるピンの入る所で
ピンに空けられた穴にダブルリングを通してクランポンがフレームに
固定される仕組みになっている。
f0225998_18514675.jpg


トラブルに気が付いた時、関係する全ての部品が無くなっていたのだが、
足跡を慎重に逆に辿って、ストッパー金具(クランポンの可動範囲を調節
している)とピン固定のリングを雪の中から発見。これはラッキーだった。
雪の中でこんな小さな物がよく見つかったなぁと思う。

見つかったリングは変形していなかった。
ということは、リングを通す穴の所でピンが折れて抜け落ちた
可能性が高い。
無理な加重でフレームやクランポンを変形させないように
わざとピンの強度を落としているのかもしれないなぁ…。
そうすると自作するピンもある程度壊れやすい(?)
素材で作らなきゃならないかも。

f0225998_10393040.jpg

フレームの穴は5ミリだ。
今回修理パーツの材に選んだのは、シャフト径5ミリの
アルミ製リベット(長さ12ミリ)。
リングを通す穴あけには2ミリの金属用ドリルを使う。
相手がアルミだから、苦労も無く穴開けは完了。
ドリルでできたバリをハンドルーターで丁寧に落として、
ペーパーをかけて仕上げる。
あとは組み立てるだけ。
案外簡単だった。

もし、ストッパー金具が見つかっていなかったら、作業はもっと大変だったろう。
あれ作るとなると、金属の板から切り出してやらなきゃなんないからなぁ。
やっぱりこのパーツはメーカーから取り寄せといた方がいいだろうな。
それにしてもショップはなにやってんのかなぁ…苦笑。

さてさて、修理の済んだスノーシューで早速雪野原へ飛び出します!
風もなく穏やかな雪国の冬景色。

f0225998_1919576.jpg

f0225998_19201141.jpg
f0225998_19202593.jpg
f0225998_19203836.jpg


美しくて、うれしくていっぱい写真撮っちゃいました。
修理した部分も問題なく機能しているみたいで
めでたしめでたし!
[PR]



by atelier_shiro | 2013-02-07 19:31 | 道具のこと

Atelier Shiro のぽち日記
by atelier_shiro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

影絵人形劇その2
at 2013-09-17 07:14
本当の財産は、なんてことない..
at 2013-08-29 16:14
影絵人形劇
at 2013-08-15 09:02
影絵劇ワヤン
at 2013-08-08 18:57
丸太のベンチ
at 2013-08-06 19:04

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧