Atelier Shiro Petit Journal

忘れ去られる僕たち

美しい原っぱから遥か東方
馬追の丘のむこうに日高山系がならび
きょうも穏やかな朝がやってきた

太陽の色を写しとったトマト
みみずのおっさんが育ててくれたジャガイモ

ものつくりの大国は変容をむかえるのか…
本当のものをつくることを忘れた国
街も心も荒れ 最後には滅びる
黒いものたちは勝手に去り 残されたものは忘れ去られる
それもいいだろう
犬と農道を歩きながら突然「くつ」をつくれるようになりたいと思った
f0225998_741539.jpg

広大な放牧地に憧れだったボーダーコリー(本当は駄犬あすぱら)
口笛の音を聞き分けて自在に羊を操る
僕は手編みの麦わらに羊毛織の衣服
もう美容院はないから、きっと髪は長い
足には大昔のネイティブアメリカンに見習って作ったモカシン

収穫の季節が過ぎれば厳しい冬が来る
しかしその厳しさゆえに春が待ち遠しいのだ
そしてまた緑につつまれる夏が来る
限りなく優しい循環
[PR]



by atelier_shiro | 2012-09-15 07:09 | 大切なこと

Atelier Shiro のぽち日記
by atelier_shiro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

影絵人形劇その2
at 2013-09-17 07:14
本当の財産は、なんてことない..
at 2013-08-29 16:14
影絵人形劇
at 2013-08-15 09:02
影絵劇ワヤン
at 2013-08-08 18:57
丸太のベンチ
at 2013-08-06 19:04

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧