Atelier Shiro Petit Journal

ストーブごはん

ここ数日 北海道は冷凍庫
f0225998_9462123.jpg

f0225998_948233.jpg

ハイペースの降雪に埋もれる我家

さてさて、薪ストーブ調理システムが動き出しました!
f0225998_95252.jpg

昨晩の夕ごはん。

フライパンで、もやしの炒め物を作ってます。
奥のユキヒラ鍋には熱燗用の水が入っています。
さらにストーブにつながっているのは、煙筒の熱でお湯が沸かせる銅製のポット。
洗い物用のお湯沸かしとして使います。
撮影用に電灯をつけていますが、本当はランプと蝋燭の元で作業しています。

この調理システム。
お湯沸かしや煮込みは、できる確信があったのですが、
「炒めものは火力的に難しいかなぁ…」と思っていたのです。
でも、大丈夫でした。

ストーブの中では、30㎝ほどの薪1片と、普通サイズの炭4~5片が燃えています。
炎はほとんどあがっていないのです。
油もゆっくり暖まってきます。
中華料理屋さんみたいに、あおったりする必要はありません。
じっくり、ゆっくり炒めていきます。

弱火で炒めものって、水っぽくなりやすいでしょう?
ところがです。
フライパンは火から遠く、火力もほどほどなのに、なぜか水が出ないんです!
それどころか、ふわっとしていてガスで炒めるより美味しいんです!!
専門家ではないのでわかりませんが、遠赤外線の効果でしょうか?

食事が終わる頃には、例の銅ポットの水がぬるま湯になっています。
それを底の方にコックのついている琺瑯ポットに移し、
シンクの脇に置いて、洗い物をします。
写真は今朝のものですが、
昨夜は頑張って洗い物しましたよ〜(いつも酔っぱらってできないのです…)。
f0225998_1014443.jpg

昨夜「廃油石けんを泡立て、食器類を洗い、その泡を流す」に使った水は、約13リットルでした。
「どんな食事か」で使う量は変わりますが、
ここで大切なのは「どのくらい水を使っているか、目に見える」という事です。
水道から流れ出る水の量を逐一確認するのは難しい。
「上水の蛇口から流す」のは「使用量に注意が向きにくい」ということになります。

少しそれますが、
洗いに使った後の、かなり汚れた水は「中水」という呼び方になるようです。
普通はそのまま下水に流れていって、終わりです。
でも「合成洗剤を使っていなければ」中水でもまだまだ役に立ちそうだと思いませんか?
屋外に流れても土を汚しません。
トイレを流す水でもいいかも…。

エネルギーはその30%くらいしか活用できないと聞いた事があります。
ですから、エネルギー消費を少なくしつつ、快適に暮らす方法として、
「1つのエネルギー源で多くの仕事ができるやり方」が有効です。

薪ストーブ調理システムは、熱源を「暖房、料理、後片付け」と、3種類の仕事に使えます。
灯油または電気式ストーブ、ガスコンロ、灯油ボイラーは、
それぞれ1つの仕事にしか使えないので、
単純に考えてもエネルギーロスが3倍と言えます。

水については、僕もまだまだ「有効活用できている」とは言えないので、
これから考えていきたいと思っています。

こういう考え方を暮らしのいろいろな場面に取り入れてゆくと、
驚くほど少ないエネルギー消費で普通に暮らすことができそうです。

「なぜエネルギー消費を減らしたいのか?」と問われたら、
「地球資源を多くの生き物と分け合うため」と答えます。
「ヒト 小鳥 狐 栗の木 畑の野菜みんな、平等に暮らすため」と答えます。

山の土
そびえる森の木々
そこから流れ出す川
川の先にある海

あたりまえにあった健全な大地がいつ汚染されるかわからないのです。
大消費生活から抜け出し、不安の根源を葬り去り、麗しい世界に暮らしたいのです。
[PR]



by atelier_shiro | 2012-01-14 11:35 | 土に暮らす〜家

Atelier Shiro のぽち日記
by atelier_shiro
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

影絵人形劇その2
at 2013-09-17 07:14
本当の財産は、なんてことない..
at 2013-08-29 16:14
影絵人形劇
at 2013-08-15 09:02
影絵劇ワヤン
at 2013-08-08 18:57
丸太のベンチ
at 2013-08-06 19:04

お気に入りブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧